sumus
Project

―浜松建設― 工務店が手掛ける地域の人気施設。 “もったいない”をなくして飛躍へつなげる。

まちづくり支援

SEP19, 2020 / Written by 佐藤政嗣

―浜松建設―  工務店が手掛ける地域の人気施設。  “もったいない”をなくして飛躍へつなげる。

県内でも人気の屋外複合施設の運営を手がけ、社長がローカルテレビやローカルラジオのコメンテーターを務めるなど、長崎県内では知名度が抜群の株式会社浜松建設様。このチャレンジングな企業風土と事業運営をより実りあるものにするためにコンサルティングを実施しました。


プロジェクトの背景

住宅建設と人気施設づくり……どちらも両立するために


もともと「住宅工務店」の枠を越えて、さまざまな試みを行っていた浜松建設様。
中でも特徴的なのは、いくつものナチュラル志向のショップをひとつのエリアに集めた屋外複合施設を長崎県全域で運営していたこと。
雑貨店やカフェ、ワークショップができるアトリエにギャラリー……テナントのセレクトにこだわり、年間4万人が訪れる長崎県内でも人気のエリアをつくっています。
しかし、一方ではこの来場者をいかに本業である住宅建設に誘導するかが大きな課題でした。「来場者」から「見込み顧客」へといかに育てるか……当初は補助金・助成金の相談から始まったお付き合いでしたが、屋外複合施設を巻き込んだ集客施策を二人三脚で実施していくことになりました。


実施したこと

「来場時」だけでなく「来場前後」が鍵になる


まずは、屋外複合施設への来場者を家づくりにつなげる経路を構築することに。
屋外複合施設の中には、緑豊かな環境を満喫できるモデルハウスや家づくり相談ができるショップが併設されています。
カフェや雑貨店、アトリエなどを回るついでにこれらの施設に立ち寄る来場者も多くいますが、その場限りの接客になっていました。

そこで、施設に訪れた際にアンケートを依頼して見込み顧客のメールアドレスを獲得。
SUMUS-MAILを導入してメルマガの配信をスタートしました。配信内容は、暮らしにまつわるコラムやイベントや見学会の案内など。興味を喚起するように写真や画像を活用しつつ定期的に配信・分析・改善を行いました。

さらに、セッション数に比して離脱率が非常に高く、スマートフォンにも対応していなかったWEBサイトの導線も整理。アクセス解析をもとに、わかりやすく、長時間サイトを見てもらえるように設計しました。


≪コンサルティングの流れ≫


①WEBのリニューアル
②SNSの投稿ルール(時間・タイミング・頻度)の策定
③マーケティング・カレンダー、バリューチェーンの設計
④人気イベントの開発
⑤SUMUS-MAILの運用開始
⑥SNS投稿・広告の効果分析・改善
⑦SUMUS-MAILの効果分析・改善
⑧広告費の見直し
⑨浜松建設が運営するホテル「風の宿り」のWEB制作・マーケティング
⑩浜松建設が運営するメディア「ハマカイソウ」のWEB制作・プロモーション


生まれた変化

各種数値が大幅に改善。県内の人気企業に躍り出る


従来ほぼ0だった見込み顧客のメールアドレスは、接客やアンケートなどを工夫した結果2年間で約600件分を獲得することに成功。
さらに2年間で100回目を突破した連載コラムは好評で、開封率は30%弱をキープし続けました(※通常は10〜15%:SUMUS調べ)。

さらにWEBサイト改善の効果として、広告を使わずにセッション数は3000から8000に成長。
月10件程度だった資料請求も月30件を越えるまでに。来店予約もコンスタントに月25件を数えるようになりました。

そして、代表の濱松氏は、長崎県内のテレビやラジオ番組で住宅コメンテーターとして活躍。人脈が広がった結果、浜松建設様とSUMUSに加えてラジオのパーソナリティ、ホテルの支配人なども仲間に加わってさらなるマーケティング施策を企む動きも始まりました。

浜松建設様がもともと持ち合わせていたチャレンジングな社風とユニークな屋外複合施設。
それら強みの影に隠れていた“もったいなさ”を解消することで、長崎県内屈指の有名企業に成長することができました。

担当コンサルからの声

リサーチ会社が「長崎県内で住宅について相談するならどの会社?」と調べたところ、着工棟数トップの企業を抑えて浜松建設様が1位に輝きました。代表の濱松様の知名度のほかにも、WEBやSNS、接客を通じて、家づくりへの想いが伝わったことが大きいのではないでしょうか。

 

#アウトソーシング

≪informatin≫
クライアント様:株式会社浜松建設
取引時期:2016年10月~

一覧へ戻る

ITxCONSULTINGxLOCALbysumus

mautic is open source marketing automation